電子書籍ストアで購入できる作品

京都に絶望して
書名 京都に絶望して
著者 伊吹龍彦
価格¥800
出版社 明窓出版
出版・公開日 2012/04/06
容量・ページ数 XMDF形式・659.18KB
130ページ
紀伊国屋書店BookLive
Neowingブックパス
ReaderStoreセブンネット
ひかりTVブック

【解説】

1200年の歴史と伝統を誇る京都、そこには日本文化の集積があり、日本文化の粋があり、日本の心があり、世界の故郷と称揚される。しかし、その1200年で培われた伝統芸能・伝統工芸・建築から、祭礼・年中行事・習慣、そして京料理まで、つぶさに検証すれば、ほとんどが中国大陸、朝鮮半島からの伝搬のものであり、日本列島で育まれたオリジナルとは言えない。そんな京都で作られ、維持されてきた人々の意識には独特のパラダイムがあるのも当然である。そこで「日本」と言われ続けてきた渡来人によってもたらされた文化文物よりも優れた意識のパラダイムがあったのではないか、と考え、1200年前に渡来人によって創建された平安京以前に大胆に遡り、数千年前の遺跡が残る縄文時代に系譜を辿り、縄文時代からの意識のパラダイムを、京都と言う磁場で新たに醸成できないものか、そして京都から新しい世界創造の契機やヒントを紡ぎだすことができないものか、と考える。