奇跡的治癒

『奇跡的治癒とはなにか』と言う本がある。「外科医が学んだ生還者たちの難病克服の秘訣」とあり、バーニー・シーゲル著、石井清子訳、日本教文社発行、11月30日現在、アマゾンには新品が2100円、中古品49 …

>続きを読む
ペット ペット

ペットを受けた。 日本語の間違いではない。可愛い動物を貰ったわけでも、買ったわけでも、飼ったわけでもない。 ペットとはPETで、Positron Emission Tomography、陽電子放出断層 …

>続きを読む
いじめ

 なぜか達成感がない。むしろ脱力感である。激痛の肩の10日の中止を挟んで、書きまくって、今朝、372枚で完了。いじめの解決がちょっとやそっとのことでは解決しないことが明白だろうからか。    だから、 …

>続きを読む
原発ゼロ決意 原発ゼロ決意

おぞまし過ぎる日々。 かまびすしい爛党乱魔(らんとうらんま=入り乱れて戦うことの乱闘が、戦う主の正義や理想や人間性がすさんでいることからただれる=爛れるを当てる。乱麻とは乱れもつれた麻を意味するが、そ …

>続きを読む
解散万歳のポンチ絵 解散万歳のポンチ絵

ポンチ絵とは、「諷刺の滑稽な絵」とあるが、「万歳」を叫ぶ呑気なじいさん、ばあさん、おっさん、おばさんに愛想尽かしをするのが一番と思っていたが、むらむらと自己宣伝をしたくなった。と言うのも、あれほどの惨 …

>続きを読む
吾輩も猫である 吾輩も猫である

痛みが軽減すると不安に苛まれる。不安が大袈裟なら、何か強迫観念に付きまとわれる。強迫観念の方が大袈裟かもしれないが、とにかく存在に隙間風が吹くような不思議な不安定感と言うか、頼りなさである。   痛み …

>続きを読む
訃報 訃報

馬齢を重ねると言えば、馬にも悪いのだろうが、年を取ることとは、死の可能性を高めていくことだ。それが自分自身のことであれば、自分の周辺にも死が身近になって行くことでもある。肉親をはじめ、友人、知人、それ …

>続きを読む
風邪の効用 風邪の効用

ブログのアクセスが、限りなくゼロに近づいている。 連載の時の賑わいもなく、作品の書き物に熱中しているために、20日ほどブログは書けなかったためだが、その上に・・・ せっかく、アクセスしてもらった人に悪 …

>続きを読む