だから言ったじゃないの

「今さらぁ~何を言ってるのさ」と思うと、ついつい松山恵子と言う歌手の『だから言ったじゃないの』と言う歌を口ずさんでしまう。1958年に発売になり、奇しくもその年、勤評反対闘争が起こり、以来、警職法闘争 …

>続きを読む
福島米と覚せい剤

覚せい剤は社会の敵であり、許すことのできない犯罪でもある。俗称で「シャブ」と言うが、その由来はいろいろあり、「水溶液を振るとシャブシャブと言う音がしたから」とか、英語で「削る、薄くそぐ」を意味する「s …

>続きを読む
大江健三郎さんから引用

2011年09月21日の音羽きんのすけさんのブログ『経済(欲望)のなかの原発』に私の以下のコメントを載せていただきました。 コメントは 経団連の米倉会長が、枝野大臣に向かって、「もっと経済の勉強をした …

>続きを読む
再び中沢氏

前回の中沢さんの書物について書いて、その続きを書こうと思ってはいたが、どうも独りよがりの気がして止めた。しかし、ブログなら独りよがりも許されるかもしれないと、勝手に判断して、やはり書いておこう。 と言 …

>続きを読む
やがて夕顔の白も汚れるのか やがて夕顔の白も汚れるのか

盗撮である。「花盗人は罪にならない」と言うが、よその花を勝手に撮るのは罪になるのだろうか。 いずれにしても夕暮れで光が乏しい。しかし、フラッシュなしで撮りたかった。そして、この純白はいかにも美しいと思 …

>続きを読む
中沢新一『日本の大転換』

感謝感謝。 10日ばかりブログをお休みしていたら、あっちこっちから大丈夫かとお尋ねをいただいた。確かに残暑厳しく、手術後2ヶ月の身体にはこたえたが、別段、再入院したわけでも、寝込んでいたわけでもない。 …

>続きを読む
原発殺人(3) 公にされない死者

今さら言うまでもないが、それが天災であろうと人災であろうと、原発事故のように愚かな人災でも、戦争のような最低最悪の人災でも、その災害の規模が大きくなればなるだけ、弱者の犠牲が増える。お銭(かね)にしろ …

>続きを読む
原発殺人(2) 不愉快な学者

台風接近中、体調不良だが、書いておくべきことは書いておこう。 かつて自分の書き物に「原発関連会社や原発を推進する政治家、安全だと言う学者、地元誘致を許した自治体の首長と地元の人々、かれらは末代まで祟る …

>続きを読む