ibukitatsuhiko.comは半世紀のテーマ ibukitatsuhiko.comは半世紀のテーマ

ホームページ開設のお知らせに多くの激励をいただいたので、その返事を書いたのだが、これも公開しておくべきだと思い、公開する。写真は、伊吹龍彦の最初の読者が、ホムページ開設に諸手を挙げて賛成してくれている …

>続きを読む
ウェブサイト完成によせて ウェブサイト完成によせて

「伊吹様」とある文章は、「ウェブサイト完成によせて」というウェブサイト制作者の遅延を詫びるメールの抜粋である。しかし、個人情報に関わる部分を削除しても、下記のように、私個人へのメールで保存しておくのが …

>続きを読む
最終革命 最終革命

「革命」と言う言葉がある。「革」は「動物の全身の皮をぴんと張ったさまを描いた象形文字」で、「たるんだものをぴんと張ってたてなおす」とか、「思いきって新しくする」などの意味があるが、肉食をしない私は、動 …

>続きを読む
国籍、民族の消えた時間に感謝 国籍、民族の消えた時間に感謝

『縁側から庭へ』フランスからの京都回顧録、エマニュエル・マレス著、あいり出版、1200円+税、2014年3月19日発行 国籍とか民族とか、世界のきな臭い紛争の火種と全く関係のない時、人はどんなに爽やか …

>続きを読む
桜咲いたが・・・ 桜咲いたが・・・

圧倒された桜の場を写しただけで、写真は鑑賞に堪えない。かといって、以下の文章が堪えるかどうかは知らないが、あまりに桜の咲きようがすごいので、ついついその場で、ボールペンで紙の裏に走り書きをしてしまった …

>続きを読む
桜と放射能 桜と放射能

桜がさいた。 嵐山でもちらほら。 桜前線が北に向かうが、どうか、桜を例年になく、じっくりと観察してほしい。すでに何度か書いたが、桜は敏感である。国の花だけに、国の行先に不安を感じていることがわかる。 …

>続きを読む
ありゃありゃ ありゃありゃ

「ありゃありゃ」もう2月が終わりだって。 「ありゃありゃ」のような表現を畳語というが、それについて、面白い文章を発見。 『ポリネシア語で解く日本の地名・日本の古典・日本語の語源』(井上政行)によれば、 …

>続きを読む
原発賛成者必読の記事

大雪のバレンタインデー。 原発賛成の人に必ず読んでいただきたい記事である。 『朝日新聞』2014年02月14日朝刊の記事である。 面倒くさい人のために、そして勝手な注釈をいれないために、全文引用させて …

>続きを読む
猫とJazzとカモメとカモメとかもめ 猫とJazzとカモメとカモメとかもめ

クラシック界のトラブルにあてつけるのではないが、寒さもあってまたまたびっしりと閉じこもって、猫を抱きながら、ここ数日、Jazzに浸っている。しかも、いつもと違うアーティストで、なんとなくJazzを整理 …

>続きを読む
個人のホームページの意味 個人のホームページの意味

一月が終る。あっという間に終わる。 加齢で月日の過ぎる速さに加速度がつくのか、正月だと思ったが、あっという間に節分。しっかりと日々を生きていないと、あっという間に次の世界に飛び立たされる。ひょっとする …

>続きを読む