嵐山の桜 その1嵐山の桜 その2

嵐山の桜 その3拙さをものともせず、とは私で、どこからかピンボケでも撮れ撮れと言う声。その声は、桜からか。桜に憑依する神からか。我が貧祖な写真でもご自分で見て欲しいと言う誘い桜?である。

今日から数回、本日に撮った写メを人の迷惑顧みずに掲載。そして、その写真ではなく、本物の桜に触発されて書いた文章を数回連載。これは目下執筆中の『JAZZ』と言う作品の5章目にあたる。写真の拙劣さを挽回できればと言う願いで。

『Jazz』より

コメントを残す

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL