福島第1原発

統計とか調査とかがいかに操作してなされるかを、またどうすればできるかを、半世紀近く前の大学院の『調査法特別講義』で習ったが、半世紀たって作為が減っているとは信じたいが・・・

そして数字が真実は表すとは言えなくても事情と実情は覗かせてはくれる。

経済界を執拗に愚弄するのは、金さえ儲かれば何がどうなっても、人の命はもちろん自然も地球も知ったことではない、と思っているとしか取れないし、そもそも株式という制度そのものが価値の第一基準を儲けとお零れ頂戴にしか置いていないからで、経済が発展して人間が真に豊かに幸せになったと言う例を古今東西の歴史から証明してくれれば、すぐに考えを変える。

株が一気に上昇した。しかも「脱原発」に慎重な自民党の圧勝で、17日の東京株式市場では電力会社の株が軒並み大幅に上昇した。数字を挙げるのもうっとおしいので、興味のある人は自分で調べてほしい。電力の株を持っている人は自分たちは原発による汚染の責任を免れないし、この期に及んでは、まさに恥ずべきことでしかないことを知るべきである。

そしてその愚弄する経済界のためにしか機能しない党が大躍進して、日本の実情を世界に知らせてしまった。今回の選挙結果に対する各国の反応を少しでも知れば、恥ずかしい限りである。

投票率が57.40パーセント、二人に一人に近い人しか選挙に行かなかった選挙で選ばれて、「国民の信託」を受けたなどと言うな。民主主義と多数決の杜撰さが見える。

では、数字の表現する実情の二つ。

京都の選挙の出口調査で、原発ゼロと答えた人が79%だったと言う。

もう一つの悲しい数字を『朝日新聞』より。

【イスラマバード=中野渉】アフガニスタン東部ナンガルハル州で17日朝、少女らがまきを集めていたところ、埋められていた地雷が爆発した。地元メディアによると、10人が死亡、2人がけがをした。地元警察の調べでは、犠牲になった少女は9歳から13歳だった。少女らは登校前、まき集めの作業に出ていたが、一人がおので誤って地雷をたたいたため爆発したという。
アフガンで少女10人死亡 地雷誤ってたたき爆発

コメントを残す

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL