ビフォー・アフターと言うことが言われる。今朝は例の問題で起床が遅かったので、これを読んでいただく時にはすでにアフターになってしまって、「良かった」と自分の選択を確認してもらうか、「えらいことをやってしもた」と悔やんでもらうことになっているかもしれない。何度も何度も、もう一度何度も言っておくが、悔やんでも悔やみきれるものではない。

悔やみきれないと言うのは、それが取り返しのつかないことだからだ。他の種々の争点、消費税やTPPや福祉、そして最悪再軍備(軍備などとっくにしているから軍隊化と言うのか)までそれが決められてもまた変えることはできる。そして一切の命にかかわる問題ではない。原発周辺地区の住民が「無くなればどうして生きていいのか分からない」と言い、それが悲痛な叫びのように各社こぞって報道している。いかにも原発は大事なんですよ、と。悲痛でも何でもない。無知で愚かなだけで、どうしてもそう思えない人は福島に移住すればいい。

そこで、机上の空論でもないし、何かの主義主張にのっとっているわけでもないし、個人的にさせられた体験から言っておくと、この問題は量的な問題ではない。「量は質を変える」と言う言葉があり、「量的に一定量を超えて膨大になれば質も変わる」と言うことなのだろうが、この問題は量の問題でなく、御用医者や御用科学者が「健康に害がある量ではない」とか「飛行機に乗ればそれ相当の被曝をしている」などと言っても、いかに微量でも肉体の質には影響がある。だから、「最低量でも浴びると質が変わる」と言わねばならないのが、この問題だ。

東京が焼け野原になると言うか、被曝野原になるか、使用済み燃料が列島から溢れるかしないと分からない連中、分かろうとしない連中、いやそれどころか、生きている間に他者の命と引き換えに生き、金を儲けて地獄に真っ逆さまに落ちても、それでも考えを変えようとしないのだから、もう仕方がないのだろうし、今夜未明、多くの日本人が無知で愚かなことが世界中に知られる。

さて、例の問題とは、私の体調である。神経痛と思しき痛みが、左肩、左上腕部、首、そして足首、さらには胃の在る場所の表面、肋間、そして右上腕部と続いている。しかも、度重なる血液検査と、CT数回とレントゲン5回だったか6回だったか、そして腹部から腕から心臓から肺までの超音波検査、そしてご丁寧に癌発見のペット検査までを1カ月の間にやって、異常なしと結論されて、このありさまである。

そこで二つの意見を聞いて、ビフォーならばご参考に。アフターならば激しい後悔を。いや後悔するほどの思考力や想像力があれば、当然、原発問題に猶予が無いのはわかるが・・・
では、二つをどうぞ。

  1. 「暫定基準値」とは、危険性は証明されていない(実例もない)が、とりあえず「ここまではという基準をつくって目安にしよう」という意味です。実際、強力な放射線を一時的に大量に浴びた人以外、被爆したからといって害を受けた人ってほとんどいない。宇宙飛行士なんて1ヶ月も滞在すれば・・でもそれが原因で病気になった人なんていない。(参照元は末尾)
  2. 1985年から90年にかけて、1232人の原爆被爆者を調べた結果についても引用すると、腰痛は3.6倍、高血圧は1.7倍、目の病気は5倍、神経痛と筋肉リウマチは4.7倍に増えており、胃痛・胃炎などでも同じ傾向である。(「フランスが語る『原子力の真実』」(前編)「フクシマ」後に再燃する「国策」原子力への恐怖」ル・ヌーベル・オプセルヴァテール(6月2日): フランスねこのNews Watching)から。

そうそう、血圧も高くなっています。今までは人工透析患者でも血圧降下剤は服用していなかったのだが、ここしばし、高めに推移。やっぱり被曝かな?

そいでもってタイトルに誤りあり。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」とは、横井也有の俳文集『鶉衣』にある「化物の正体見たり枯れ尾花」が変化した句と言われるが、これは、「恐怖心や疑いの気持ちがあると、何でもないものまで恐ろしいものに見えることのたとえ。また恐ろしいと思っていたものも、正体を知ると何でもなくなるということのたとえ」とあるが、全く逆である。単なる神経痛でも高血圧でもないとなると、身の毛がよだつ、本物の化物である。

で、あんたはどうするのか、もうアフターなのか?と聞かれればビフォーだと答え、被曝で削がれる投票行動への意欲を奮い立たせれば、我が肉体の叫びを受け止める原発即時停止廃止の党に投票するのだろうが、きっと今夜未明、そんな叫びなどどこ吹く風の結果なんだろうと思うと・・・おぉ、考え方まで萎(な)えているようだ、こんちくしょう・・・

すみません。「こんちくしょうは止めてもらえますか。こんちくしょうが、『ののしりいやしめて言う言葉』なら、禽獣・虫魚の総称の畜生ではなく、人間をののしりいやしめたいのだから、こん人間でしょう」と冬の猛寒(今年は絶対に寒いですよ、とまるまる太った大ちゃんが教えてくれます)に備えて100羽近くやってきてくれる雀さんがちゅんちゅく叫んでます。ニャンの写真は大ちゃん。次第に慣れてきた野良君です。まるまる太ってます。

雀さん猫の大ちゃん

ここからは余分です。あほらしいけど、全文を引用。この程度かと思うと引用も必要かと。「放射性物質による汚染ですから、それを取り除けば問題はありません。普通に洗濯なりすればよい。野菜は洗う前に外葉を捨てればよい」そうだが、取り除いてどこにやるの、野菜の外葉はどこにやるの。泥の汚れと一緒だと思う馬鹿さ加減には呆れ果てる。

回答者:ORUKA1951 回答日時:2011/05/07 12:02

被爆:放射線にさらされること
内部被爆:体内に取り込まれた放射性元素により被爆すること
外部被爆:対外の放射性元素の放射する放射線による被曝

(服とか眼鏡とか布団とかアダルトグッズとかカバンとか薬とか野菜とか靴とか)
 これは被爆ではなく、放射性物質による汚染のことですね、
 眼鏡など金属・・特に重金属の場合は強い放射線をうけて放射性元素に変わるものがありますが、通常では考えてよい。

 それ以外は放射性物質による汚染ですから、それを取り除けば問題はありません。普通に洗濯なりすればよい。野菜は洗う前に外葉を捨てればよい。

「暫定基準値」とは、危険性は証明されていない(実例もない)が、とりあえず「ここまではという基準をつくって目安にしよう」という意味です。
 実際、強力な放射線を一時的に大量に浴びた人以外、被爆したからといって害を受けた人ってほとんどいない。宇宙飛行士なんて1ヶ月も滞在すれば・・でもそれが原因で病気になった人なんていない。
教えて!goo:被曝したものは洗えば健康に影響ない?

コメントを残す

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL